厚木ガス

都市ガスの優位性
加熱分野で利用されるガス
ガスコージェネレーション
ガスボイラー
涼しい厨房
天然ガス自動車
セントラル空調により、温度や湿度、時間を管理したい建物や工場等に最適。
省エネ・省コストを実現し、しかも環境にやさしいノンフロン空調。
高い信頼性により、セントラル空調の主流です。
高い省エネ性に加え、
割安な料金システム。
高い省エネ性に加え、割安な料金システムが適用できるのでランニングコストが抑えられます。
空調の運転費(東京地区の料金)
高環境にやさしいノンフロンで、
CO2も低排出。
環境にやさしいノンフロン空調で、しかもCO2の排出も低く抑えることができます。
空調のCO2排出量
過剰電力を
OA機器などに活用できます。
空調に使っていた電気が大幅に削減されるため電力に余裕が生まれ、契約電力を上げずにOA機器など電気設備を増設できます。
リニューアルで
大きなスペースが創造できます。
ターボ冷凍機とボイラーにて冷暖房を行う既設の設備に対し、1台で冷暖房が可能なガス吸収冷温水機にリニューアルすれば、新たに大きなスペースが創造できます。
ハイブリッド空調機とは・・・
これまでの2管式冷温水システムは、中央機械室の熱源機が冷水を作るか温水を作るかで冷暖房のモードが決まってしまいます。
従って、部屋ごとの空調要求には設置したFCU(ファンコイルユニット)の水量と風量で調整できる範囲でしか対応できません。これに対し、ハイブリッド空調機は従来の2管設備を活用し、少ない投資で冷暖房機能と能力をアップして快適性の向上を実現。ビルの付加価値を高めるリニューアルに最適です。
ガスヒーポンに発電機を搭載し、冷暖房時のみ発電。
系統連系インバーターを搭載し、発電電力を系統に出力。
発電効率40%以上の高効率発電で
  CO2排出量を約30%削減。
非常用発電システムと併せて使用すれば、
  非常時の空調も可能です。
リンク集「吸収式冷温水機」
リンク集「ガスヒーポン」
>産業用ガス機器 TOP
リンク集サイトマップ個人情報の取扱お問い合わせ
Copyright (C) 2001 Atsugi Gas Corporation.All Rights Reserved.